Department of Biosensing Research

「バイオセンシング研究領域」では、分子から個体までのセンシング機構を駆使して生存している生物の生命システムのダイナミズムの解明に迫るために、環境情報の感知に関わるバイオセンシング機構研究を推進する。分子、細胞や個体が環境情報を感知する機構は様々であり、異なる細胞種や生物種におけるバイオセンシング機構の普遍性と相違性を明らかにするとともにセンスされた環境情報の統合機構も明らかにする。そのために、バイオセンサーの構造解析やモデリング解析、進化解析も含めた多層的なアプローチを実施する。

細胞生理研究部門

  • 富永 真琴(教授)
    曽我部 隆彰(准教授)
    鈴木 喜郎(助教)
    齋藤 茂(助教)
    高山 靖規(助教)

生物無機研究部門

  • 青野 重利(教授)
    村木 則文(助教)
    吉岡 資郎(助教)

生体制御シグナル研究部門

  • 佐藤 幸治(特任准教授)