Department of Bioorganization Research

「生命動秩序形成研究領域」では、生命体を構成する多数の素子(個体を構成する細胞、あるいは細胞を構成する分子)がダイナミックな離合集散を通じて柔軟かつロバストな高次秩序系を創発する仕組みを理解することを目指す。そのために、生命システムの動秩序形成におけるミクロ−マクロ相関の探査を可能とする物理化学的計測手法の開発を推進するとともに、得られるデータをもとに多階層的な生命情報学・定量生物学・数理生物研究を展開し、さらに超分子科学 ・合成生物学を統合したアプローチを実施する。

生命分子研究部門

  • 加藤 晃一(教授) 
    矢木 真穂(助教)
    谷中 冴子(特任助教)

分子機械設計研究部門

  • 飯野 亮太(教授)
    中村 彰彦(助教)
    安藤 潤(助教)

定量生物学研究部門

  • 青木 一洋(教授)
    近藤 洋平(助教)

神経細胞生物学研究部門

  • 椎名 伸之(准教授)
    中山 啓(助教)

ナノ形態生理研究部門

  • 村田 和義(准教授)
    (併任)



構成生物学研究部門

  • 栗原 顕輔
    (オリオンプロジェクト特任准教授)